ETCカードの作り方は?学生や主婦でも即日で作れるのか

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号などETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、現在クレカを持っている場合は追加申し込みでとても楽なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなど隠した後に燃えるゴミとして処分してください。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に利用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが皆さんも使っていますか?NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

参照:http://www.cessibonskennel.net/

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

高速道路などを通行するときなどに割引があったり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を走行しない時のカード管理を皆さんはどうしていますか?インターネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問をしている方を見ます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものともし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、突然のことでパニックになってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の各クレカ会社へ連絡をします。

カード会社によって若干対応先の部署など違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。