医療事務管理士技能認定試験はいつ行われる?

医療事務を行う人が必ず必要とする資格として、「医療事務管理士技能認定試験」をあげることができます。
これら「医療事務管理士技能検定試験」は、「JSMA」つまり、技能認定振興協会によって年に6回開かれていているもので、試験日は奇数月の最後の週の土曜と決まっています。
これらの試験会場は全国に設けられていて、どの会場にでも参加しやすい体制を整えています。
また、試験内容といては、法規や保険請求事務などの内容になっているマークシート型の筆記試験10問と、レセプトを実際に作成する実技試験の2つに分かれていて、合格率は受験者の大体50%になっています。
受験料は税込で6,500円となっており、資料を各自が請求するか、もしくは、医療事務の内容を習っている学校から配布されるようになっています。